168074274_1377142386000352_4899519694775

松山しげき個展「Portraits」

4/22(木) 〜 5/3(月)

会期中無休

12:00–19:00

ロイドワークスギャラリー [website]

東京都文京区湯島4-6-12 湯島ハイタウン1F

TEL/FAX 03-3812-4712

[ステートメント]

 Portrait(肖像画)とは「ある特定の個人をモデルにして描かれた絵画」の事です。肖像画は絵画のひとつのスタイルとして確立したルネサンス期以降、画家たちによって様々なテーマで描かれてきました。写実性を追及した肖像画もあれば、極端に美化された肖像画や逆にわざと醜く描かれる肖像画もありました。

(※This is media「肖像画」より一部引用)

 

 作品《 Portrait of dazzle 》シリーズは、SNSやブログなどインターネット上にアップロードされている無数のセルフィーやスナップなどの顔写真から、ビデオプロジェクターを使い「目」だけを正確にトレースし、肖像の輪郭はモデルとした実際の人物から、人種や性別、髪型、体型などを全く別の人間に描き変えることで、インターネットの匿名性や情報の不確かさを表現した「現代人の肖像画」です。

 

 本作はインターネット上にアップロードされている実在の人物(の目)をモデルにしている為、この肖像画に描かれている人物は、鑑賞者の友人や家族、或いは鑑賞者自身かもしれないという可能性が示唆され、近年社会問題化しているデジタルタトゥーやディープフェイクなどを問題提起しています。

 

[statement]

A portrait is a depiction of a specific individual. It became an established style of painting during the Renaissance, and since then, many artists have created portraits with a wide variety of themes. Some portraits have pursued realism while others have emphasized or exaggerated the beauty or ugliness of their subjects. (Source: This is media「肖像画」)

 

The series Portrait of dazzle uses facial photos found among the countless selfies and snaps uploaded on the Internet. With a video projector, the eyes from the photos were projected and traced onto a silhouette of another person, whose race, sex, hairstyle, or body shape differs from those of the original, thereby creating portraits reflecting anonimity and the uncertain veracity of information on the Internet.

 

By using photographs uploaded online, this series makes viewers realize that the eyes shown may belong to people they know or even themselves and brings to attention growing social issues like digital tattoos and deepfakes.